足立美術館GW2022混雑状況や入場制限は?アクセス方法や周辺のおすすめスポットの紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは、MIWAです♪

足立美術館は島根県安来市にある、立派な日本庭園で有名な美術館です。

「行ってみたいけど、遠いしなかなか行けない……」と思っている方、長期連休であるGWがチャンスですよ!

今回の記事では、足立美術館2022と題しまして、混雑状況や入場制限、アクセス方法や周辺のおすすめスポットなど、お出かけ前に皆さんが気にポイントをご紹介します。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

足立美術館GW2022見どころは?

足立美術館の見どころはどういうところなんでしょうか?

足立美術館では庭園も1枚の絵画として扱っています。

創設者の足立全康は91才で亡くなるまで、この庭園造りに心血を注ぎました。

枯山水を始めとした5万坪にも及ぶ広大な庭園は四季折々にいろいろな表情をみせてくれます。

まさに「生きた日本画」ですね。

また足立美術館のみどころは庭園だけではありません。

時期により展示内容は変わりますが、素敵な日本画の展示をしていることが多いです。

 

足立美術館GW2022混雑状況や入場制限はあるの?

大人気の足立美術館ですが、GW中の混雑状況はどんな感じなんでしょうか?

もしかして、入場制限がかかったりするのでしょうか?

その辺りのことは、実際にお出かけされた方でないとわかりませんよね。

なので、今回は気になる口コミをピックアップしてみましたので、ご覧ください。

やっぱり足立美術館と言えば日本庭園!

ゆっくりと見たい気持ちはみんな一緒ですよね。

ここは一番混雑するスポットかと思います

 

見事な日本庭園ですね!

日本庭園の混雑具合は時間によっても変わるようです。

お昼ごろはランチタイムにあたるので、人が少なかったのでしょうか?

ゆっくりと日本庭園を鑑賞したい方はお昼ごろに行ってみるのもいいかもしれませんね。

 

https://twitter.com/ryugasaki_3/status/898915958953132033

やっぱり大人気の美術館だけあって、入場制限がかかることもあったようですね。

せっかく行ったのに、入場制限のために大行列だった……という事態を避けるためにも、早めの時間に入館したほうがよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

足立美術館GW2022アクセス方法は?

足立美術館へはどのようにアクセスすればいいのでしょうか?

車・電車・飛行機の場合にわけて、ご紹介します。

【車の場合】

山陰道(安来道路)・安来IC→国道45号→足立美術館

安来ICからの所要時間は15分程度です。

【電車の場合】

まずはJR岡山駅から、JR伯備線特急やくも出雲市行に乗ります。

安来駅までの所要時間はだいたい2時間20分程度です。

JR安来駅から無料シャトルバスが出ているので、それに乗って向かいましょう。

無料シャトルバスの所要時間は、約20分ほどです。

【飛行機の場合】

出雲空港→空港連絡バス(約30分)→JR松江駅→JR岡山本線(約25分)→JR安来駅→無料シャトルバス(約20分)

立地のためか、アクセスにはどこから行くにしてもちょっと手間がかかりますが、見事な日本庭園が迎えてくれるはずです。

今年のGWの機会にお出かけしてみては、いかがでしょうか?

 

足立美術館GW2022入場料は?

足立美術館の入場料はいくらくらいするのでしょうか?

具体的な金額は下記の通りです。

大人 2300円 

大学生 1800円 

高校生 1000円 

小学生・中学生 500円

各種クレジットカードも使えるのが嬉しいポイントですね。

更に、足立美術館の展示をしっかり楽しむために、音声ガイドも500円でレンタルすることができます。

これで美術品に詳しくない方も、解説を聞けるのでより深く作品を楽しむことができると思いますよ。

ちなみに日本語版の他、英語版もあります。

海外からいらっしゃる方も多いようですよ。

 

足立美術館GW2022の周辺おすすめスポットの紹介!

足立美術館の周りにはどんな観光スポットがあるのでしょうか?

いくつかおすすめのスポットをご紹介しますね。

清水寺

足立美術館と同じ安来市内にあるお寺で、境内に足を踏み入れた瞬間にマイナスイオンで癒されること、間違いありません。

かなり険しい参道の石段をのぼることになりますので、歩きやすい靴でいくのがおすすめです。

敷地内にはお土産やさんもありますよ。

 

八重垣神社

よくメディアにも取り上げられる神社です。

有名なのは鏡池で、紙の上に小銭の乗せて池に浮かべると、早く沈んだら早いうちに、自分から近い位置に沈んだら、身の回りにいる方とご縁をいただけるという占いがあります。

ぜひチェレンジしてみましょう。

 

由志園

足立美術館と同じく、日本庭園で有名な由志園。

なんと一年中、牡丹の花をみることができる不思議な庭園です。

定期的に特別展示も開催されているので、詳しくは公式ホームページをチェックして見てください。

 

スポンサーリンク

 

足立美術館GW2022についてのまとめ

今回は足立美術館GW2022として、いろいろな情報をお届けしましたが、いかがでしょうか?

皆さんにとって、お役に立つ情報をお届けできていれば、嬉しく思います。

とても立派な日本庭園はぜひ実際に見てみたいものですね。

せっかくのGW、遠出してお出かけしてみるのも楽しいと思います。

きっと素敵なGWの思い出ができること、間違いなしです。

それでは今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。