柳ケ瀬お化け屋敷2022夏はいつからいつまで?料金や口コミや感想について!

スポンサーリンク

 

こんにちは、MIWAです♪

皆さんは夏の風物詩といえば、なにを思い浮かべますか?

浴衣、夏祭り、花火とたくさんありますが、お化け屋敷も夏の風物詩ではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、岐阜や柳ケ瀬が町おこしの一環として行っていた、お化け屋敷です。

柳ケ瀬お化け屋敷2022と題しまして、お化け屋敷の開催期間はいつからいつまで?チケットはいくらくらいするの?感想や口コミはどんな感じ?など皆さんがお出かけ前に気になる情報をお届けします。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

柳ケ瀬お化け屋敷2022夏のネタバレ

では、さっそく今年の柳ケ瀬お化け屋敷のネタバレを見ていきましょう、といいたいところなんでうが、実は柳ケ瀬のお化け屋敷は2019年で終了しています。

これはお化け屋敷が地域まちおこし事業の一環であることに関係しているのではないかと思われます。

ただ、とても評判のよいお化け屋敷なので是非とも復活してほしいところですよね。

参考に2019年に開催されたものをご紹介したいと思います。

タイトルは「岐阜 柳ケ瀬お化け屋敷 恐怖の細道 消えた子どもたち」です。

あらすじとしては、あの有名な口裂け女の怪談をモチーフにしています。

「じゃあ、また明日ね」と言って少女たちが別れ、片方の少女が振り返るともう一人の少女は神隠しにあったように消えていました。

残っていたのは、ただひとつ、花結びが結ばれた赤い糸だけ……。

その夏には、学校帰りの子どもたちが突然姿を消す事件が何件も発生していました。

おかしなことに、子どもたちが消えた場所には、かならず血のように真っ赤な糸が落ちているとのこと。

姿の見えない誘拐者の目的は何なんでしょうか?

消えた子どもたちはどこへ行ってしまったのでしょうか?

そして、再び「あの女」が動き出します。

今、再び昭和最大の都市伝説の封印が解かれます……。

昭和時代に社会的現象にまでなった「口裂け女」がこのストーリーのキーパーソンのそうです。

でもあらすじをみると私たちの知っている口裂け女とは違いますよね?

彼女はどういう立場で登場するのでしょうか?

どうやら日に何人もギブアップする方もいるほどの怖さらしいです。

ところで今回のキーパーソンである口裂け女ですが、彼女が初めてマスコミに登場したのは1979年1月26日の「岐阜日日新聞」と言われています。

夜、お手洗いに行った女性が口が裂けた女を見て腰を抜かしたのが始まりといわれています。

この件をきっかけに全国に口裂け女の噂話が広がっていきます。

岐阜は口裂け女にとってふるさとなのかもしれませんね。

 

柳ケ瀬お化け屋敷2022夏はいつからいつまで?

柳ケ瀬お化け屋敷は2019年7月20日(土)から9月23日(祝)まで開催されていました。

(9月は土日祝のみの開催)

もし今年、柳ケ瀬お化け屋敷が復活することになったら、同じような期間で開催されることが予想されます。

おそらく7月下旬から9月下旬ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

柳ケ瀬お化け屋敷2022夏のチケット値段は?

柳ケ瀬お化け屋敷のチケットのお値段がいくらくらいだったのでしょうか?

これも、とても気になるポイントのひとつですよね。

具体的な金額は下記の通りです。

大人(社会人もしくは18才以上) 700円 

高校生 500円 

子ども(小学生以下) 300円

町おこし事業の一環のためか、子どもが入りやすい価格設定になっているのが、いいですね。

 

柳ケ瀬お化け屋敷2022夏の所要時間は?

柳ケ瀬お化け屋敷の所要時間はどのくらいかかるのでしょうか?

ツイッターやインスタ、実際に行った方の口コミを調べてみましたが、はっきりとした時間はわかりませんでした。

期待されていた方、申し訳ありません。

ただ途中リタイア者がいるとなると、そこそこ所要時間のかかるお化け屋敷ではないかと予想します。

 

柳ケ瀬お化け屋敷2022夏は口コミや感想が怖い?

さて、柳ケ瀬お化け屋敷はどのくらい怖かったのでしょうか?

これは実際に現地で体験した方でないとわかりませんよね。

そこで、今回はツイッターから気になる口コミをピックアップ、そこからどのくらいの怖さか予想してみたいと思います。

まずはツイッターの口コミをご覧ください。

 

柳ケ瀬のお化け屋敷は夜18時以降になると、さらに怖さが加わった最恐バージョンもあったようです。

ノーマルバージョンでも十分に怖そうなのに……!

最怖バージョンなんてどれだけ怖いのか、予想もつきません。

ツイッターの口コミを見て見ると、確かに「怖い!」という声も多かったのですが、それ以上に「楽しかった」との声も多くありました。

また週末になると口裂け女によるライブや菓子巻きもあったとか。

意外と口裂け女は目立ちだがり屋さんだったのかもしれませんね。

それだけ地元に愛されたお化け屋敷だったといえるでしょう。

是非とも今年こそは復活して欲しいものです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は柳ケ瀬お化け屋敷2022と題しまして、いろいろな情報をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

2019年に惜しまれつつ終了してしまった、柳ケ瀬お化け屋敷ですが、復活してくれるといいな、と思います。

地域密着型のお化け屋敷、とっても楽しそうですね。

地元密着型のお化け屋敷って珍しいですが、温かい雰囲気もありとても楽しそうな感想が多かったのが印象的でした。

みなさんの希望の声が多ければ、もしかしたら復活するかもしれませんね。

それでは今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です