工藤俊介の出身高校や大学などWiki風プロフィール!結婚や家族構成を調べてみた!

スポンサーリンク

 

こんにちは!MIWAです♪

テコンドーが東京パラリンピックの正式競技になったことはご存知ですか。

今回のパラリンピック、東京大会からテコンドーとバドミントンお2つか新しい競技として追加されたんですよ。

この記事では、パラテコンドーに出場する工藤俊介選手についてご紹介していきます。

出身高校や大学などプロフィールについてなど、また結婚はされているのかなども調査してみましたので、どうぞ最後までゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

工藤俊介の経歴やプロフィール

それでは、工藤俊介選手の経歴やプロフィールをご紹介していきますね。

●プロフィール

名前:工藤 俊介(くどう しゅんすけ)

出身地:岐阜県恵那市

生年月日:1993年10月31日

身長:180cm

所属:ダイテックス

東京パラリンピックに出場する工藤俊介選手は23歳の時に事故で左腕を切断してしまい、上肢障害となってしまいました。

絶望の淵にいた工藤俊介選手ですが、このままではだめだと思い、いろんな競技を始めることを考えましたが、最終的にはパラテコンドーを選んだそうです。

工藤俊介選手がパラテコンドーを始めたのは2018年。

パラテコンドーを始めた年に、第11回全日本テコンドー選手権大会 (千葉)パラ男子75kg級で1位に。

パラテコンドーを始めた年に1位ってすごいことですよね。

2019年2月にはトルコで行われた世界パラテコンドー選手権大会75kg級で3位に輝き、2020年1月に行われた代表選手最終選考会でにおいて75kg級で勝利し、みごと日本代表に内定したそうです。

日本代表内定の切符をつかんだ工藤俊介選手のインタビューではパラリンピックをきっかけに、少しでもパラテコンドーの面白さが伝わるように、障がいのある人がテコンドーをやってみたいと思えるように頑張りたいと語っていました。

 

工藤俊介の出身高校や大学はどこ?

工藤俊介選手の出身高校や大学はどこなのか調べてみました。

まず、出身高校ですが岐阜県にある中京高等学校だということがわかりました。

中京高等学校は岐阜県瑞浪市にある私立高校で、軟式野球部や陸上駅伝部、ソフトテニス部が有名な学校で全国大会で優勝したこともあるそうです。

ちなみに工藤俊介選手は高校時代はバドミントンで活躍していたとか、やっぱりスポーツをやっていたんですね。

大学は東京農業大学で2014年には東京農業大学短期大学部醸造学科を卒業、2016年には東京農業大学生物産業学部アクアバイオ学科を卒業。

大学時代はラクロス部に所属されていたそうです。

高校時代はバドミントン、大学時代はラクロスと球技を中心に活躍していたようですね。

 

スポンサーリンク

 

工藤俊介の結婚や家族構成は?

工藤俊介選手の結婚や家族構成について調べてみました。

ご結婚についての情報は今のところ見つからず、まだご結婚はされてないようです。

2021年の8月現在は27歳という年齢、そろそろ結婚も考えるころですね。

もしかしたら、もう決まったお相手がいるのかもしれませんが、このパラリンピックが終わったら発表なんてこともあるかも。

でも、とにかく今は東京パラリンピックに出場し、良い結果を出すことが目標ですね。

家族情報についても、今のところ兄弟がいるなどの情報はないですが、金メダルをとって家族に感謝の気持ちを伝えたいたいとインタビューで答えていらっしゃったので、ここまでくるまでにご家族のささえがたくさんあったということなんでしょうね。

 

工藤俊介の戦い方は?

工藤俊介選手の戦い方や得意技はどんな動きなんでしょう。

工藤俊介選手は180cmという長身で蹴る力もとっても力強いそうですよ。

実は工藤俊介選手は前足を使った動きが得意で、前足で相手との距離をとって、チャンスがきたら相手に近づいて蹴るという戦法らしいです。

どちらかというと防御が得意で、一発逆転とか派手な試合ではなく粘り強く失点を減らしながら勝つというイメージですね。

 

スポンサーリンク

 

工藤俊介のプロフィールまとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事では、東京パラリンピックで正式競技「パラテコンドー」に出場する工藤俊介選手についてご紹介してきました。

競技してから2年で数々の大会で好成績を残している工藤俊介選手。

身体能力の高さは驚きですね。

これは、メダルは確定?メダルどころか金メダルも狙える選手だと思います。

みなさん、この記事を読んでいただいたきっかけに工藤俊介選手のことをもっと知ってもらい、東京パラリンピックはもちろん、これからも応援をしてあげてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です